20221010 祈り

 

 

9月29日 5時10分起き。

すぐに長男と長女が起きてくる。

朝食をあげて、出社前に15分絵を描く。

10分くらい描いたところで長女が横に来て

操作ミスして描いていたものを消してしまったけど、

残りの5分でアウトプットを残した。

 

この活動は自分にとってジャーナリング(描く瞑想)だ。

頭のモヤモヤを吐き出す、脳のゴミ掃除。

何かを描き上げようと思わなくて良い。

思いつくままにただただ描く。

描くこと自体が目的で良い。

それだけで頭がスッキリするし、自分に納得感が生まれる。

 

絵を描けなかった日には、

「絵を描きたかった」という苛々が自分の中に生じてしまう。

たいていの苛々は我慢から生まれている。

こうした方がいいとか、こうやりたいとか、

そういう思いを我慢してしまうと苛々してきてしまう。

だから、朝忙しいけど描く。

ちょっとだけ描かせてもらう。

 

30日

勝間和代さんのYouTube

「15秒以内に始めないと続かない」

これは本当にそう思う。

描こうと思ったら、PC開いたらすぐ描き始められなくてはならない。

今日も出社前5分間だけど絵を描けた。

 

自分にとっては、長い時間描けば良いってものでもない。

やるかやらないかの方がもっと大事。

少し絵を描くだけでメンタルが整うのだ。

 

製作期間:9月30日~10月10日

 

 

20220925 無題

 

『アートコレクターズ』の抽象画の特集をパラパラ見て、

インスピレーション受けて描く。

良いなと思ったものを自分のフィルターを通してアウトプット。

他者の作品を触媒として、自分の脳を活性化。

 

9月22日から25日、4日間かけて描いた。

これが何なのかは自分にも分からない。

 

 

 

 

20220915 淀み

gifです。

 

製作過程をいい感じに開示したいな、とずっと思ってて、今回初めてGIFにしてみました。一時期、JPEGで1枚ずつ貼っていましたが、アニメーションの方がずっと見やすくて良いですな。この方法なら、TikTokとかYouTubeショートにも出せるかも。もっと細かい変化を残しておいても良いな。毎日5分ずつ描く、その変化をポンポン見せていく。それも結構面白いのではないかな。

 

今回の絵は10日で完成。

1枚が完成するペースとして悪くない。

 

* * *

 

こうやって、未熟な人が未熟なりに工夫しながらやることに価値があると思っている。

また同時に、未熟な時期は貴重だとも思う。

未熟だからこそ出せる味わい、

技術を知らないからこそできる表現がある。

自分で描いてきた絵を見返すと最近の絵の方が良いと思うけど、他の人からすると「昔の絵の方が良い」ということもあるから面白い。

 

できるだけ未熟でいたい。

 

 

20220905 草原の瞳

 

緑の線の色と透明度、太さを変えて引いていく。

ただのグラデーションだけだと挑戦ではない。

そこからひと捻りを加えて目が浮かび上がった。

 

顔とか目に行き着くことが多いな。

描きやすいからかな。

 

本来、自分が描きたいもの、描かなくてはいけないものみたいのってあるかな。